2007年12月23日

QRP-Mosquitoな午後2

今日もIRB氏と7MHzでスケジュール。549-449程で入感するも、こちらからは届かない様子。電池の関係で出力は1W。これでは届かないのも当然かもしれない。

OTHや混信を避け周波数を変えながらしばらく頑張ったが、完全にフェードアウトしてしまった。今日はもう終わろうとしていた時に、他の1エリアの局が急激に強くなった。チャンスかもしれない。

今度は電池を交換したので4.5Wぐらい出ている。こちらには559で入感。これはイケるかもしれない!

と思ったが、やはり飛んでいかず、結局今日も交信は成立しなかった。それでもその1時間少々の間は楽しく過ごせた。


現在国産のホイップアンテナを使用しているが、他のバンドでは海外製のほうが調子が良い。早くこのバンドも海外製に交換したいものだ。
posted by HJ at 17:56| Comment(5) | TrackBack(0) | QRP

2007年12月19日

CW略符号

以前「誤った符合」を書いたが今回は誤りではないものの微妙に違う(ものとやはり誤りの)話。

CQ ham radio 1月号の第1付録「ハム手帳2008」に「CW略符号」のページがある(p.102)。そして「太字は法令で定められている略符号」とある。

違和感があったので「アマチュア局用 電波法令抄録 2007年度版」を開いてみると以下が法令で定められている略符号ではない、あるいは(法令で定められているかもしれないが)抄録には掲載されていない略符号、または法令で定められているのにハム手帳には掲載されていない略符号であった。

CFM … 抄録に掲載されているが太字ではない
HR … Hereではなく法令では「通報を送信します」(国内)
KN(文字の上に線) … 抄録に掲載なし

他には、NILは解説は正しいが、アマチュアではNot in the Logのほうが一般的ではないか。またEXは国内のみ通用するが、その区別の記載がない。


ふとその前のページを見るとモールス符号が記載してあるのだが・・・。

アマチュアではほとんど使われていない重点はあるのに(同様に法令で定められている)略符、連続線、左括弧、右括弧、二重線、十字符、引用符がない。

数字の略体が書いてあるが、何故か7と8は記載がないし、ゼロが間違っている(オーではなくTが正解)。


ちょっと知りたい時に便利な手帳なのではあるが、この調子では他のページにも間違いがあるのではないかと不安になり、結局使わなくなりそうだ。
posted by HJ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | CW

2007年12月18日

A52AMはDXCCに無効

http://www.mail-archive.com/dx-chat@njdxa.org/msg05388.html

According to an e-mail I got from Bill Moore this weekend, the whole operation is invalid for awards, unfortunately.

違法運用していたのだから免許取消以前の交信も当然無効でしょ。
posted by HJ at 08:55| Comment(1) | TrackBack(0) | DX

2007年12月16日

NUE-PSK

NUE-PSKの受注が始まった。12月中であれば$169、来月からは$219。現在は完成品のみ。2008年にキットも発売するらしい。また現状はBPSK31とQPSKのみで、RTTYとMFSKは未対応。

RTTYにも対応して、キット化されたら購入したい。
posted by HJ at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | misc.

2007年12月12日

NorCal S9 Signal Generator

ElecraftのXG1(40m)XG2(80m/40m/20m)より安く、そして対応バンドも多いシグナルジェネレーターがNorCal QRP Clubより12月7日に発表されていた。

S9 Signal Generator
http://www.norcalqrp.org/s1s9generator.htm

80mはJAのアマチュアバンドから外れているが、40m/30m/20mもある。15m/10mは高調波が使えそうだ(Sメータの校正には使えないだろうが)。

JAからの注文はPayPal経由で$35。
posted by HJ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Kit

2007年12月09日

Cycle 24はまだ始まらない

宇宙天気ニュースをチェックしている。

最新版のタイトルは
2007/12/ 9 11:06 更新
新しい黒点群が出現しました。太陽風は低速(300km/秒)で、磁気圏は静穏です。

このところ黒点数ゼロが続いていたのに徐々に増え始めた。が、残念ながら
このところ黒点群の出現が続いています。
いずれも、赤道側の発生ですので、
太陽活動の新しい周期の始まりを示すものではありませんが、
出現頻度の増加は興味が持たれるところです。

とのこと。

新しいサイクルに入る時は南北両半球の高緯度に現れるらしい。
http://swnews.nict.go.jp/2007/swnews_0710071241.html
今回も、黒点群は赤道付近に出現しました。
なかなか高緯度側へのジャンプが発生しません。
太陽活動が新しい周期に入る頃、
黒点が現れる位置が、南北両半球の高緯度側に移ります。
そろそろ起こってもよい頃ですので、待ち構えているところです。


太陽黒点数だけでなく、黒点群の出現位置にも気をつけながらチェックするとしよう。
posted by HJ at 12:46| Comment(0) | TrackBack(1) | CONDX

2007年12月04日

QBSA sold out

http://kd1jv.qrpradio.com/

ATS-3Bに続いてQBSA - QRP Base Station Accessoryもnow sold out、しかも has been retiredとのこと。残念。。。
posted by HJ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Kit

2007年12月02日

QRP-Mosquitoな午後

JL1IRB(QRP)氏とスケジュールQSO。7.003が空いていたのでそこで呼んでいただく。信号は549としっかり届いている。コールバックするもどうも届いていないようでタイミングが合わない。

と、突如こちらを呼ぶJJ1IZW(QRP)氏の信号が聞こえてきた。こちらも549程度。そしてやはり届いていない。

IRB氏がまた呼んできた、と思った途端、さらにJK7UST(QRP)氏のCQが559で。一応呼んでみるが当たり前の如く届かない。

その後7004でIRB氏とチャレンジを続け、219を頂くがこちらのレポートがコピーできない模様。449を送り、419とコピーされた。残念ながら交信不成立。

後で聞くとIZW氏は偶然7003を受信していて、私の信号は219-319で届いていたらしい。またIRB氏曰く、
コールの輪郭は分かりました。
(中略)
まさに蚊のため息です!素晴らしい!!

交信できなくて感動するとは、変わったお人である…。

※こちらの出力は3.5W、アンテナはホイップ。
posted by HJ at 15:19| Comment(6) | TrackBack(0) | QRP