2008年05月29日

PSK Automatic Propagation Reporter

PSK Automatic Propagation Reporter
http://psk.gladstonefamily.net/

Prototype Map Display
http://psk.gladstonefamily.net/pskmap.html

Beta Version
http://psk.gladstonefamily.net/pskmapn.html

地図上に表示されているモニター局を選ぶと、その局が受信した局が地図上に表示される。

PSKに限定されるが、コンディションの把握に役立ちそうなサイトだ。
posted by HJ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | CONDX

2008年05月25日

Propagations This Weekend

この週末はハイバンドの国内伝播がよかったようだ。

24日(土)の午前中は特によかったようだが、残念ながら受信できなかった。午後に受信してみると17mと15mで0エリアが強力に入感していた。0エリア同士も良いようだった。

17m CWで0エリアの/QRP局が聞こえたのでその付近でCQ。出力は2W。さすがにダメかと5Wに上げてCQを出すと、同好の士、JA4氏からコールいただいた。信号は559と少々弱いものの即座にラグチューモードに突入。8J4P運用の休憩時間に呼んでいただいた模様。先方には599で届いているとのことで、もしかすると1-wayなコンディションなのかもと思いながら、今日はコンディションが良いとか今年はまだ8J4Pを聞いていない、今はK2で5WとWHIP、などと打って返したが、どんどんコンディションが落ちていった。K2のシリアルナンバーを聞かれたのでそれを返して72。

聞き覚えのあるJR5氏が強く入っていた。交信したかどうか覚えていないがとりあえず呼ぶとDR HJと返ってきた。やはり交信していたか。と思っていたらTNX FER 1ST QSOと。同じクラブに所属しているため名前を覚えてもらっていたようだ(あるいはHAMLOGか)。

すぐそばで別のクラブメンバーのJH0氏が559で聞こえたが、こちらは残念ながら届かず。

その他には12m CWでJA6が聞こえていた。

25日(日)は午前中から受信していたが交信は午後になってから。

まずは17m CW。いつもは移動しているJR7氏が今日は移動していないようだった。呼ぶとすぐにコールバックがあった。あちこち聞いてJR7氏の周波数に戻るとJE7氏が他のバンドを打診していた。JR7氏は579、JE7氏は559といったところ。試しに着いて行くと、21MHzではJR7氏は569、JE7氏は549。おこぼれにあずかってJR7氏と交信。28MHzはJE7氏しか聞こえず。試しに呼んでみたが届かなかった。

17m CWに戻ると8J6P/6が聞こえていたのでコール。549/559で交信成立。

10mや12mで8エリアが聞こえていたのでQRP呼出周波数でCQを連発するも応答なし。17m/15mで8エリアの和文局が強力に聞こえていたが、少々速度が速く呼べなかった。

昨日今日と17m/15mで1エリアも聞こえていたが交信には至らなかった。

この週末は日本だけでなく海外でもコンディションはよかったようで、10mでW本土内がオープンしたとか、6mでEu-W間がオープンしたというメールがリフレクターで飛び交っていた。
posted by HJ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | CONDX

ENGLISH FOR HAM QSO

CQ出版WebShopがオープンした。今なら総額1,000円以上購入で送料無料らしい。CQ出版社の書籍でいくつか欲しいものがあるが、今すぐ必要かというとそうでもないところが悩ましい。

最新刊一覧を見ていくと『改訂新版 ハムのための英会話』が目に留まった。"ENGLISH FOR HAM QSO"は私が海外交信に明け暮れていた頃に購入した。今でも実家にあるはずだ。どのように改訂してあるのか気になるところ。
本書は,1969年6月に発行された「ENGLISH FOR HAM QSO」を改訂したものです.これからアマチュア無線を始めようと考えている方には非常に有益なアドバイスが盛り込まれていますし,英語による海外との交信のやりかたが中心とはいえ,気持ちよく交信をするための気配りや状況判断については参考になることが多いでしょう.


個人的にはCQ誌に連載されていた記事の完全復刻版を期待したい。CQ誌4月号の別冊付録『復刻版ハムのための英会話』のような本題の部分だけでなく、”余談”の部分も十分に楽しめる内容だった。そもそも連載開始がまだ生まれていない頃だ。初期の記事にも興味がある。仮にCQ誌のバックナンバーが全て購入できるとしてもとても現実的ではない(金銭的にも保管場所も)。全記事を収録すると何冊になるかわからないが、もし発行されればぜひとも揃えたい。
posted by HJ at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | misc.

2008年05月23日

KEM-AF-DSP

たまには日本のキットも紹介しよう。

KEM-RX7KEM-TX7-CW等が人気の貴田電子設計は、AF-DSPフィルタ KEM-AF-DSP を発表した。

CWモードのバンド幅は100Hz単位で100Hzから700Hzまでの7タイプ。SSBモードは300Hzから、200Hz単位で2000〜3000Hzの6タイプ。

CWモードの中心周波数は600Hzと800Hzの2種類しかないため、サイドトーンをこれら以外のピッチに設定している場合はなんらかの工夫が必要になると思われる。

本体価格4,700円、5月28日より発売。

追記:
・部品入庫ミスのため発売を1週間延期。6月5日発売開始予定。5月30日発売開始。
・部品価格上昇のため200円値上げして4,900円に。4,700円の時の予約分はそのままで。
posted by HJ at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Kit

JA3RL

何気なくJA3RLの無線局免許情報を見てみた。

呼出符号   JA3RL
検索件数   1 〜 0 / 0 件




えっ?


他のエリアのJA#RLを調べてみるとJA5RLも局免が切れていた。
posted by HJ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | misc.

2008年05月08日

JARL主催コンテスト使用周波数帯

確か昔は14/21/28MHzは050-090だったと思うが、今は050-080。
http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/Contest.htm

にも関わらず、何号か前のCQ誌とJARL NEWS春号の某記事には21.090までと書いてある。

おいおい…。

posted by HJ at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Contest

2008年05月06日

QRP Day

今年のQRPデー記念局は8J4Pと8J6Pだけ。JARL QRP CLUBとしてではなく、有志によるものらしい。
8J4P: http://www.geocities.jp/ja4dqx/
8J6P: http://www.geocities.jp/ja6eyh2/qrp.html (去年の情報)

QRP Dayは毎年6月17日。8J4Pと8J6Pの運用は(4月27日から)6月30日まで。
posted by HJ at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP

2008年05月04日

Open Season Ten Meter PSK Contest 2008

Sponsered by Ten-Ten International Net, Inc.

2008年6月7日0000UTCから8日2400UTCまで。
モードはBPSK31のみ。
バンドは10mのみ。
部門はQRP(5W以下)、ローパワー(50W以下)の2つ。
コンテストナンバーはWの局はコールサイン、名前、州名(略称)、10-10/070/EPCの会員番号(保持している番号全て)。W以外は州名の代わりに国名。
(10-10は10-10 International Net, Inc.、070は070 Club、EPCはEuropean PSK Club

詳細は下記URL参照。
http://www.nwla.com/tenx/oseason.html

posted by HJ at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Contest

トラブル続き

いつの間にかFT-817が送信出来なくなっていた。817のファイナルは飛びやすいと聞いていたが、ついに来たか。817のファイナルは、送信中に壊れるのではなく、「人知れず壊れる」ものらしい。複数の経験者に聞いてもネットを検索してもそういう例しか出てこなかった。ほとんど使っていないし、修理には10k円以上かかるらしいのでしばらく保留。

K2は受信が出来なくなった。正しくは、内蔵ATUのアンテナ端子×2で受信出来ず、受信専用アンテナ端子では受信出来る。また送信は問題ない。ということはATU内のどこかで断線しているのか。修理する時間がないので、こちらはエレクトロデザインに依頼する予定。
posted by HJ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | TRX