2008年12月31日

2009年の予定(という名の目標、あるいは抱負)

・キット作り再開
 今年はいくつか小物のキットを購入したものの1つも作れず終い。
 来年は1台ぐらい無線機のキットを作りたい。

・和文モールス習得
 もう20年ぐらい言い続けているような気がする。
 しかし以前とは違い、ここ2,3年である程度覚えた(つもり)。
 2009年はなんとしてもマスターしたい。

・無線環境改善
 引っ越そう。今度こそ。


みなさま良いお年を。
posted by HJ at 12:21| Comment(2) | TrackBack(0) | misc.

2008年12月23日

The QSL Man

開局直後の一時期を除いてQSLカードはアメリカンサイズ。QSL ReportやIHS Graphic Artsの高級QSLではなくて、とある印刷屋に頼んでいた。

いま使っているのはThe QSL ManW4MPYと言ったほうが通りが良いかもしれない。5年程前だったか、3000枚オーダーしたが、まだ半分以上残っている。

去年と今年の交信数はそれぞれ100局もない。来年はもっとアクティビティを上げたい(そしてそろそろ新しいカードを作りたい)。
posted by HJ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | QSL

2008年12月21日

円高で

KX1オーナーやK3オーナーが増えている模様。。。
KX1/K1/K2はまた作りたいなぁ。
posted by HJ at 15:55| Comment(3) | TrackBack(0) | misc.

2008年12月16日

DC40B/DC30B/DC20B

12/15付けでHendricks QRP Kitsより、DCxxBシリーズが発表された。
DC40の改良型で、アルミケース付き。
付属するクリスタルは、DC40B=7.040MHz、DC30B=10.120MHz、DC20B=14.060MHz。
気になる価格は$50(送料別)。
posted by HJ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Kit

2008年12月13日

KEM-TRX7-CW

KEM BBSによると貴田電子設計は近々7MHz CWトランシーバキットを発売する予定。

以下BBSより引用。

実験機の仕様 (乾電池4本で動くことに、こだわってみました。)
・ボードサイズ 100mm×80mm
・電源 6V 乾電池仕様 (最高は12Vでも動きます)
・出力 6Vで0.5W 12Vで1W
・電池監視  電池の現在電圧をLCDに表示します。
・DDS-VFO搭載
・表示LCDあり
・エンコーダあり
・送信範囲 7.000〜7,100 (7.200への切替も可能)
・受信範囲 制限無し(ただし入力BPFの制限は受けます)
・SメータをLCDに、バーグラフで表示
・フルブレークインとセミブレークイン両方に対応

基板以外の付属品
・LCD
・エンコーダ (大型つまみ付き)
・AFボリューム 
・サイドトーン・ボリューム
・操作用のプッシュスイッチ 4個

・SSBの受信も可能
クリスタルフィルタの帯域は、コンデンサの交換で簡単に広く出来るため、帯域を1KHzぐらいにすれば、SSBの受信もできています。

電池の持ちが気になるが、なかなか興味深い仕様だ。価格は未定。
posted by HJ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(1) | Kit