2011年06月23日

ATS-4、次回は秋に

毎回すぐに売り切れとなるATS-4の次のロットは今年秋になるとのこと。

http://kd1jv.qrpradio.com/
Next batch - fall of 2011
posted by HJ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Kit

2011年06月11日

EDCのKX3情報が見ていられないので

Elecraft: http://www.elecraft.com/KX3/kx3.htm
Electro Design: http://www.edcjp.jp/whatsnew/KX3.html

エレクラフト社は2011年のDayton ハムペンジョンで新製品のKX3を発表しました。

ハムベンションね。Dayton Hamvention。

外形寸法は43mm×89mm×188mmでリチュームイオン電池を内蔵し最大10W の出力で運用できます。
ポータブル運用を考慮して徹底的な省エネ設計になっています。

リチウムイオンじゃなくてニッケル水素。しかも「内蔵し」じゃなくて「内蔵でき」。オプションです。
ちなみにデモのビデオ(3分すぎ)によると、内蔵バッテリーの場合は約5W、外部電源の場合は10-12Wらしいです。

◆ 主な特徴
周波数  1.8MHzから50MHzまでのアマチュアバンド

はい。

出力  高効率10W/5Wの2台のパワーアンプ内蔵

ここは、"Switchable PA output impedance for efficient 5-W or 10-W use"なので、5W/10Wの電波を効率よく出すために、PAの出力インピーダンスを切り替えられる、ということだと思う。

モード   CW,SSB,AM.FM、RTTY、PSK31
デコーダ  内蔵 CW,RTTY、PSK31をパネルに表示

,と.と、が混在していて、読み返していないことがバレバレ。
Dataはfour sub-modesなので、RTTYとPSK31以外もあるんじゃないかな。

電源電圧  13.8V

原文に書いてあったっけ?
でもたぶんそんなものでしょう。ビデオを見るとジャックには9-15VDCと書いてありますが。

バッテリー  オプションリチュームイオンバッテリー内蔵

日本語がおかしいですね。「内蔵バッテリーパック(オプション)」とかならわかるけど。その前にニッケル水素だけど。

消費電流  受信時 150mA

はい。

受信機  サブ受信機内蔵

原文では"Dual watch over +/- 10 kHz range"であって、サブ受信機、2nd RXといった表現ではありません。
SDRだから2波(というか少し離れたところ?)同時受信ができるんじゃないかと思うのですがここは詳しくないので推測。

表示パネル  K3と同一の液晶パネルを使用

はい。

フィルター  高いダイナミックレンジを実現するルーフィングフィルターを1個搭載

これもオプション。ていうか1個しか搭載できないのか、1個だけでいいのかがわからず。
原文では、"Narrow roofing filter option with four bandwidths (500 Hz, 1500 Hz, 2700 Hz, 3800 Hz) for excellent dynamic range"とか"KXFL3 Roofing Filter Module (500/1500/2700/3800 Hz)"と書いてあるので、1つで4切換と読めるんだけど、ルーフィングフィルターってそういうものなの?(K3だとB/Wごとに型番があるし)。

DSP  24Bit A/Dコンバータと高性能32Bit DSP

24bit A/Dコンバータ?

スピーカー  内蔵

はい。

2チャンネル  音声レコーダ内蔵
電文メモリー 6個のCW/RTTY/PSK31用メモリーキヤー内蔵

間違いじゃないんだけど、、、用語をもっと一般的な表現にしてほしかった。

リグ制御  K3とコマンドコンパチブル フイルドアップデート可能

フイルド?フィールド?
ここだけ見たらなんのことか全然わかりません(笑)。
"free firmware upgrades via the internet"か"Firmware updateable via provided application software"か"One-click firmware upgrades via the web (with free PC software)"を見て書いたんだけど思いますが。
ファームウェアアップデート可能と言いたいなら、それは今時の無線機でアップデートできないほうがおかしいわけで。「簡単にできる」という点を強調したいのでしょう、エレクラフトは。

寸法  43mm×89mm×188mm

間違いじゃない、間違いじゃないんだけど…。並びにとても違和感がある。原文(3.4”H x 7.4”W x 1.7”D)とも違うし…。
ん?間違ってんじゃん。3.4"は約86mm。89mmは3.5"だな…。

重量  680g(オプションを含まず)

"Only 1.5 pounds (0.7 kg)"と、0.7kgと書いてあるのに1.5lbsを度量衡換算したのでしょう。
ていうか、オプションを含まず、だと"18 oz. (less options)"、18オンスなので510gになっちゃいますが。


そろそろ疲れてきました。


◆ オプション
KXFLE  ルーフィングフィルター(500/1500/2700/3800 Hz)

KXFL3。だから見直せと(ry

KXAT3  内蔵ワイドレンジ自動アンテナチューナ 耐入力20-W
KXAM3  AM放送受信フィルター (0.5-1.6 MHz)

はい。

KXBT3  8-AA セルニッケル水素内蔵バッテリーパックと内蔵充電器 
(電池は付属しません、普通の電池も搭載可能)

はい。だからLi-Ionじゃないよね?

KXPD3  専用キーパドル

そうなんだけど、KX1のパドルと違って、スペースの調整もできるんだよと。

KXMM3  モービルマウントブラケット

はい。

KXPA100  高効率100-W アンプ 一般の5 から10 Wトランシーバで使用可
KXAT100  ワイドレンジ100-W ATU 2アンテナ入力 ( KXPA100 用)

日本語だと、5Wから10W、5-10Wのような表現が多いと思うんだけど。100-Wじゃなくて100Wとかね。

そして、MH3(Up/Downスイッチ付きハンドマイク)が抹殺されていたり。


発売予定 : 2011年 末頃 予定

year endじゃなくてbefore year endということなので、年内発売かな。
その後の情報では、注文受付・発送が秋から冬にかけてということなので、もっと幅が出てきたわけですが(笑)。


ああ、疲れた。。。


※間違いがあれば指摘please
タグ:EDC KX3 Elecraft
posted by HJ at 23:48| Comment(4) | TrackBack(0) | TRX

2011年06月10日

KX3スライドショー

KX3 Printable Data Sheet
http://www.elecraft.com/manual/KX3%20Data%20Sheet%20rev%20C3sm.pdf

KX3 PowerPoint Show
http://www.elecraft.com/KX3/KX3%20intro.pps

マイクロソフトのPowerPointやPowerPoint Viewerで再生できるはず(OpenOffice.org 3.2とLibreOffice 3.3で確認済み)。

KX3 - Screenshot-LibreOffice 3.3.png
タグ:KX3 Elecraft
posted by HJ at 22:05| Comment(2) | TrackBack(0) | TRX