2012年12月29日

VK 630m band

オーストラリアで2013年1月1日より、472-479kHzが開放される。ただし、一部の地域は除く。5W EIRP。

http://www.comlaw.gov.au/Details/F2012L02574
http://home.exetel.com.au/auriga/AR/Tech/630m/630m_Band.html
タグ:500kHz
posted by HJ at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | License/BandPlan

2012年12月25日

クリスマスと言えば

やっぱりこの2つかな。

アマ無線千夜一夜物語 ・・・・・2003年12月14日 21:27
第八十九夜 エルマーへのプレゼント(Christmas for an Elmer)
http://a1club.net/1001nite/89.htm

KE9V Radio Fiction日本語版
A QRP Christmas
http://a1club.net/ke9v/index.htm
posted by HJ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | misc.

2012年12月23日

低価格HF機 #2

LnR Precision Inc. LNR FX-2
バンド: 7/10MHz
モード: CW
出力: 4W(7MHz)/2.5W(10MHz)
定価: 185.00USドル
posted by HJ at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | TRX

A review of Ten-Tec’s Argonaut VI QRP transceiver, Model 539

Argonaut VI(ベータ版)のレビュー

A review of Ten-Tec’s Argonaut VI QRP transceiver, Model 539
http://qrper.com/2012/12/a-review-of-ten-tecs-argonaut-vi-qrp-transceiver-model-539/
posted by HJ at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | TRX

2012年12月21日

KXPA100、KX3-2M

KX3のオプションについての状況:
・KXPA100 (100Wアンプ)はプロトタイプ開発中で、2013年3月末にリリース目標(これまでの流れからしておそらく遅れるんじゃないかな)、価格未定
・KX3-2M (2mモジュール)はプロトタイプ開発中
・モービルブランケットは保留(サードパーティー製を検討中の模様)
とのこと。
posted by HJ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | TRX

2012年12月20日

7.195MHz

CQ誌2013年1月号に、7195kHz/3757kHzでAMを楽しんでいるグループの記事があった。

HT-7だとパワー不足かな。水晶は交換しないといけないけど。
ちなみにRetro-75はディスコン。
posted by HJ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | AM

2012年12月16日

2012年12月09日

HB-1Bのバージョン

HB-1Bのバージョンも調べてみた。

名称 [バンド] (回路図の番号; 回路図のリビジョン)
HB-1B [4 Band; 80/40/30/20m] (HB-1B8; 2011-11-12)

回路図は1種類しか見当たらなかったが、外観上区別できるのは少なくとも2バージョン存在する。POWERスイッチの下の刻印が「POWER」から、「CHARGE」に変わっており、充電用のジャックが追加されている。こちらは基板上はHB-1B8aとなっている。

Archiveをたどると、2012/2/16時点では「Must charge the lithium battery with special battery charger and make this mod!!!」と記載されているが、3/19には「New charge jack added, no more mod needed!」に変わっているため、この間に改修が入ったものと思われる。

参考:
YouKits: HB1B schematic
タグ:HB-1B
posted by HJ at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | TRX

HB-1Aのバージョン

HB-1Aにはバージョンがいくつかある。ちょっと気になって調べてみた。

名称 [バンド] (回路図/基板の番号; 回路図のリビジョン)
HB-1A [3 Band; 40/30/20m] (HB-1A2; 2009-03-31)
HB-1A mk II [3 Band; 40/30/20m] (HB-1A3; 2009-08-05)
HB-1A mk III [3 Band; 40/30/20m] (HB-1A5; 2009-10-19)
TEN-TEC R4030 [2 Band; 40/30m] (HB-1A3ベース)
TEN-TEC R4020 [2 Band; 40/20m] (HB-1A3ベース)
YouKits HB-1A-MK3-40-30 [2 Band; 40/30m] (HB-1A5ベース)
YouKits HB-1A-MK3-30-20 [2 Band; 30/20m] (HB-1A5ベース)

参考:
VE6AQO: HB-1A Transceiver Kit
TEN-TEC: R4030 Manual, R4020 Manual
YouKits: HB-1A English Manual, HB-1A Schematic

おそらく現在入手可能な新品は2バンドモデルだけ。
R4030 188USD
HB-1A-MK3-40-20 199.95GBP
HB-1A-MK3-40-30, HB-1A-MK3-30-20 199.95GBP
タグ:HB-1A
posted by HJ at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | TRX

HB-1Aの周波数校正

HB-1AでBCLをしていると、音楽が流れたときに気持ち悪い。どうやら周波数がずれている模様。確認してみると50Hzぐらい高く表示しているらしい。マニュアルにThe DDS frequency calibrationという項があったので試してみた。

以下の手順で20chの周波数メモリーはリセットされて、周波数校正モードに入る。
1. 電源OFF。
2. V/M/SAVとRIT/MODを押しながら電源ON。
3. 『HB-1A CW QRP TRX by BD4RG 2009-03』が表示されたらボタンを離す。
4. 『DDS Cal OK? 14.350.00 s』が表示されたら校正モード。
ここで本来なら周波数カウンタを使うが(IC1の6番ピン)、他の無線機と鳴き合わせをすることで調整してみた。
(鳴き合わせ用の無線機の周波数が正しいという前提で…)

何度か試行錯誤した結果、VFOダイヤルを左に150ステップ回すと、周波数表示が50Hz下がることがわかった。1Hzあたり3ステップ。

1. 温度変化もあるので、校正前に電源ONから5分以上待つ。
2. V/M/SAVとRIT/MODを押しながら起動する。
3. 初期状態のまま、RIT/MOD長押しで保存する。
4. 鳴き合わせで誤差を確認する。
5. ステップ数 = 誤差(Hz) * 3
6. 校正モードで起動して、ステップ数分、VFOを回す。
7. RIT/MOD長押しで保存する。
8. 鳴き合わせで確認。

誤差1-2Hz以内というところまで校正できたが、温度変化で多少ずれる。

49mbにちょうど音楽を流している海外の放送局がいたので試してみると、LSBでもUSBでも違和感なく受信できた(2.2kHz幅のSSBなので音質はそれなりに…)。
タグ:HB-1A
posted by HJ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | TRX

2012年12月02日

国産キット

海外のキットを取り上げる記事が多いので、たまには国内の送信機・受信機のキットを。

KEM 貴田電子設計
http://www.kida-elec.com/
7MHzのCW送信機、SSB送信機、CW/SSB受信機、CW/SSBリニアアンプ(10W)など。

CYTEC/サイテック
http://www.cytec-kit.com/
7MHz SSB送信機・受信機、21MHz SSBトランシーバ、50MHz DSBトランシーバなど。

キャリブレーション
http://calibration.skr.jp/
50MHz AM送信機・受信機など。
ミズホQP-7/21 (1W CW送信機)のライセンス生産や、アイテック電子研究所の商品(3.5MHzや7MHzのAM/SSB受信機、50MHz AMトランシーバ)の取扱いも。

福島無線通信機
http://www2.ttcn.ne.jp/~fukushimamusen/
50MHz SSBトランシーバ、50MHz AM送信機・受信機、1200MHz ATV送信機、トランスバータなど。

マルツパーツ館
http://www.marutsu.co.jp/
CQ ham radio 2009年7月号や『作りながら理解するラジオと電子回路』に掲載された7MHz CW QRP送信機「あゆ40」のキット。
【PK-CQ090701BK】7MHz CW QRP送信機 製作部品基本セット基板付き
【PK-CQ090702】7MHz CW QRP送信機製作キット専用アルミケース
posted by HJ at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Kit

AC-1 Junior

以前紹介した真空管1本の40mトランシーバー「1-DER 40」がその後どうなったかフォローしていなかったが、サイトを見てみると「One Tube QRP Transmitter」の「AC-1 Junior」にかわっていた。

40mまたは30m、CWのみ、出力は約1W、真空管は6AQ5/6005。
99.97USDで送料は要問い合わせ。
周波数は3チャンネル。7.030MHzと7.040MHzの水晶が付属する。
タグ:真空管
posted by HJ at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Kit