2016年04月02日

LNR MTR5B & LD-11

LNR PrecisionからMTR5BとLD-11が発表された。

MTR5BはKD1JVのMountain Topper Radioの5バンドバージョン。小型軽量で40-15m CW、4W。$379.99。
LD-11は160-6mのSDR DSPトランシーバー。5-8W、AM/FMもサポートしている。$774.99。

http://www.lnrprecision.com/
posted by HJ at 13:34| Comment(10) | TrackBack(0) | TRX
この記事へのコメント
MTR5Bは全部で10台リリースされたようですが7分で売り切れたとのことでした。残念。
Posted by anchor at 2016年04月04日 16:33
なんとか1台確保できました。MTR5B、残り1台(12:45現在)。
Posted by anchor at 2016年04月19日 12:46
MTR5B、残り2台でした(13:15時点)。私がカートに1台入れたままにしていました。
Posted by anchor at 2016年04月19日 13:17
MTR5Bは在庫なしになりました(18時時点で確認)。Daytonでも販売するとのことです。
Posted by anchor at 2016年04月19日 18:08
無事確保できたそうでなによりです。
入手されたらぜひレポートお願いします :-)
Posted by HJ at 2016年04月19日 21:18
このblogがなかったらLNRの発表に気がつくことができなかったと思います。改めて感謝いたします。

MTR5Bが届きましたらレポートさせて頂きます。
Posted by anchor at 2016年04月20日 13:34
残数4個で再度オーダー可能になっています(土曜23:15現在)。
Posted by anchor at 2016年04月23日 23:12
MTR5B、連休前に届きました。MTR3Bと比較してよい点・悪い点を列挙してみます。

<よい点>
・LCDディスプレイで周波数、メニューなどが表示される
・受信時の消費電流はMTR3Bより小さい
・MAX 4Wになった出力(3Bは2.5W)
・ロータリーエンコーダが実装できる
 LCDと合わせて、これがもっとも便利になった点かも
・17m/15mが運用できる
・(3Bと同じく)5バンド機なのに軽い
・(3Bと同じく)6Vから使える

<悪い点>
・MTR3Bより一回り大きくなった(しかたない)
・化粧アクリルパネルは不要
・BNC端子になってしまった
 コリンズですらRCAを使っていたのに...

円安なため少し高価ですが、自転車や山登り、出張のおともに活躍してくれるものと思います。

Daytonの後は順調に供給されるようです。
Posted by anchor at 2016年05月17日 14:49
LCDは大きなメリットですね。

BNC端子は・・・他の無線機との兼ね合いを考えての判断かもしれませんね。
AT SprintやMTRがメインならRCAのほうがいいのでしょうが。
Posted by HJ at 2016年05月18日 20:55
HJさん

3Bは、Fnを押下すると7セグ1個に周波数が流れるタイプでした。これはこれでよいのですが、Fnを押下するのが手間ではありました。

KX3もBNCなので共通性を考えるとBNCに軍配をあげますが、より軽くという要求でRCAの選択はあるかと思っていました。MTR系は共通化して欲しかったんですが、5BはBNCになってしまいました。

巷ではElecraft KX2の話題でもちきりですね。
Posted by anchor at 2016年05月19日 18:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174736194
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック