2008年12月13日

KEM-TRX7-CW

KEM BBSによると貴田電子設計は近々7MHz CWトランシーバキットを発売する予定。

以下BBSより引用。

実験機の仕様 (乾電池4本で動くことに、こだわってみました。)
・ボードサイズ 100mm×80mm
・電源 6V 乾電池仕様 (最高は12Vでも動きます)
・出力 6Vで0.5W 12Vで1W
・電池監視  電池の現在電圧をLCDに表示します。
・DDS-VFO搭載
・表示LCDあり
・エンコーダあり
・送信範囲 7.000〜7,100 (7.200への切替も可能)
・受信範囲 制限無し(ただし入力BPFの制限は受けます)
・SメータをLCDに、バーグラフで表示
・フルブレークインとセミブレークイン両方に対応

基板以外の付属品
・LCD
・エンコーダ (大型つまみ付き)
・AFボリューム 
・サイドトーン・ボリューム
・操作用のプッシュスイッチ 4個

・SSBの受信も可能
クリスタルフィルタの帯域は、コンデンサの交換で簡単に広く出来るため、帯域を1KHzぐらいにすれば、SSBの受信もできています。

電池の持ちが気になるが、なかなか興味深い仕様だ。価格は未定。
posted by HJ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(1) | Kit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24250588
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

KEM-TRX7-CW
Excerpt: 貴田電子設計よりKEM-TRX7-CWが発売された。 http://www.kida-elec.com/kem-trx7-cw.html 7.000-7.100(または7.000-7.200)MHz..
Weblog: small talk on the radio
Tracked: 2009-01-10 21:29