2009年08月19日

ATS-4

KD1JVはATS-4を開発中で、プロトタイプを製作した。
これまでのATSシリーズ(とATS-4プロトタイプ)との大きな違いは以下のとおり。

・132x32ピクセル(20文字x4行)LCDを使用。これにより周波数表示、メニュー表示、電圧表示等が可能。Sメーターも表示させたい。
・3バンド(40/30/20m)切り替え。
・AGCチップがディスコンのため、AGCなし。ボリューム付き。
・出力時にLED点灯。出力によって輝度を変えたいがやめるかも。
・LCDやスイッチ類を追加するため、ALTOIDS缶サイズより大きくなる。アルミ製ケースを用意する予定。サイズは3.9" x 2.95" x1"ぐらい。

http://groups.yahoo.com/group/AT_Sprint/message/4497
posted by HJ at 06:23| Comment(1) | TrackBack(0) | Kit
この記事へのコメント
ほう。それでPFR-3もAGC無だったんでしょうかね。
またSMDなんでしょうかね。燃える様な、萎える様な・・・。
Posted by JL1IRB at 2009年08月19日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31425015
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック