2010年03月14日

Buddistick

近くの公園で初使用。

ベンチの角にクランプを使ってBuddistickを固定。カウンターポイズを真っ直ぐ伸ばして、コイルは4-5ターン目。これで、7MHzのSWRがばっちり落ちた。

buddistick.jpg7MHz用のカウンターポイズなので、14MHzはいまいち不安定。折り曲げたりしてみたけど安定しないので、次はバンド別のカウンターポイズを用意しておこう。

出力1〜1.5W程度だと、相手の出力にもよるが、S9〜S9+でないとコールバックがないケースがほとんど。今日は50Wの局でもKX1のSメーターはまったく点灯しなかったが、それでもコールバックがあったし、RST339をもらいながらもチャットが出来るぐらいだった(相手の耳に感謝)。水平系のロッド式短縮アンテナには劣るものの、送受のバランスが取れているように思う。

水平系は組立・調整に時間がかかる上、設置も(手軽なのは)カメラの三脚を使うことになるので、アンテナ選びは何に重点を置くかがポイント。Buddistickを選んだ理由に手軽さ(持ち運び・設置・調整)があるので、今回の結果は満足。

Buddistick Deluxe Package
http://www.buddipole.com/buddistick-dlx-pkg.html
(三脚は小さいので屋外ではなんらかの方法で固定しないと使い物にならないかも。よってstandardで十分)
posted by HJ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Antenna
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36362278
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック