2015年01月25日

非常通信周波数

今回のバンドプラン変更に伴い、JARLの非常通信周波数も変更されている。
https://www.jarl.org/Japanese/A_Shiryo/A-3_Band_Plan/bandplan20150105.pdf

80m: 3,525kHz(+/-5kHz) → 3,535kHz
40m: 7,030kHz(+/-5kHz) → 7,050kHz
30m: (なし)
20m: 14,100kHz(+/-10kHz) → 14,300kHz
17m: (なし) → 18,160kHz
15m: 21,200kHz(+/-10kHz) → 21,360kHz
12m: (なし)
10m: 28.20MHz(+/-10kHz) → 28.20MHz
6m: 50.10MHz、51.00MHz(呼出周波数)、51.50MHz
  → 51.30MHz(デジタル呼出周波数)が追加
2m: 144.10MHz、145.00MHz(呼出周波数)、145.50MHz
  → 145.30MHz(デジタル呼出周波数)が追加
70cm: 430.10MHz、433.00MHz(呼出周波数)、433.50MHz
  → 433.30MHz(デジタル呼出周波数)が追加
23cm: 1294.00MHz、1295.00MHz(呼出周波数) → 変更なし

HFでは10m以外はすべて変更され、17mも新たに設定されている。ただし「+/-5kHz」や「+/-10kHz」という表記が削除されているため、80mはLSBだと「オフバンド」になってしまう。この周波数を設定および「+/-5kHz」を削除したメンバーは誰も気付かなかったのだろうか。また、12mはともかく、国内通信に有用な30mにはデジタル通信用に設定されてもよかったように思う(30mは二次業務だから除外?)。
VHF/UHFは、デジタル呼出周波数が追加され、非常通信周波数も兼ねている。
posted by HJ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | EMG

2011年08月20日

非常通信関連ブックマーク

アマチュア無線を利用した大規模災害時の自立的通信手段確保を目指した地域防災教育に関する研究
http://www.taf.or.jp/publication/kjosei_23/index-1/page/p214.pdf

災害とアマチュア無線
http://www.nagoya2.jrc.or.jp/2/ham/event/20051031.pdf

アマチュア無線運用とHAMボランティアの活動 : 阪神・淡路大震災 : 実状記録と反省そして更なる無線運用の構築に向けて
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/directory/eqb/book/14-145/index.html

アマチュア無線と非常通信
http://www.ne.jp/asahi/yokohama/cwl/oso.html
posted by HJ at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | EMG

2011年03月19日

非常通信 or 自己満足

日頃からクンレンに勤しんでおられる、とあるグループ(複数)を見ていて「本気で考えているのか」と思うことがよくあった。例えば近所のリピーターを使ってのクンレン。被災した際にそんなものが動いている可能性は低いのではないか。やるなら他県と協力したほうがまだ可能性があるのではないか。テントを張り、大きなアンテナを建てて、発発を動かしながらのハイパワー運用。被災したときにそんな運用が出来るだろうか。

被災地かそうでないかでクンレンの内容も違ってくる。被災した場合は、電源やアンテナの確保の問題があるし、当然ながら移動できる設備でないと意味がないケースも多いだろう。


40mで非常通信もどきが始まった頃しか聞いていないが、これも何のためにやっているのかわからないケースが多々あった。コントローラーの未熟さだけでなく、ナントカ防災ハムクラブの代表がエラソウにしていたり、聞くに耐えない交信もあり、思わず電源を切ってしまった。

やっている本人たちは真剣なのかもしれないが、結局は自分に酔っているだけではないか。極端な言い方をすればモンスターボランティアと変わらない、そんな印象を受けた。


非常通信がゴッコになりつつある
http://bwt.blog.so-net.ne.jp/2011-03-18
posted by HJ at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | EMG

2011年03月13日

東北地方太平洋沖地震(3)

14:25現在
確認できた非常通信関連のUSTREAM中継。

7.030MHz & 7.043MHz (1エリアで受信)
http://www.ustream.tv/channel/emergency-comns-7030-7043

7.043MHz (3エリアで受信)
http://www.ustream.tv/channel/ji3bda


17:00現在
確認できた非常通信関連のEchoLink中継。

7.043MHz (1エリアで受信)
Conference: *1-NIPPON*

→17:10、JA3RL QRT。

明日
JA1RL 7.030一本化。
Twitterも http://twitter.com/JA3RL_Hijyo は終了、
http://twitter.com/JARL_ARESC に一本化。
posted by HJ at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | EMG

非常通信マニュアル

JARL

アマチュア無線と非常通信
http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/2-4_Hijou/Hijou.htm

アマチュア局の非常通信マニュアル
http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/2-4_Hijou/index-manual.htm

参考(ARRL)

Amateur Radio Emergency Service(R) (ARES)
http://www.arrl.org/ares

ARES Manual
http://www.arrl.org/ares-manual

参考(Wikipedia)

Amateur radio emergency communications
http://en.wikipedia.org/wiki/Amateur_radio_emergency_communications

Amateur Radio Emergency Communications (New Zealand)
http://en.wikipedia.org/wiki/Amateur_Radio_Emergency_Communications
posted by HJ at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | EMG

東北地方太平洋沖地震(2)

http://www.jarl.or.jp/
【重要なお知らせ】
 JARLでは、東北地方太平洋沖地震に際し、JA7RL/7 ほかRL局において、 主に7.030MHz SSBにより非常通信のワッチを実施しています。各バンドにおける非常通信用周波数をクリーンな状態に保てるようにご協力をお願いします。  (3/12)

●JARL中央局JA1RLとJA3RL局はTwitterによる情報の収集と発信を行っていますのでご活用ください。
 JA1RL (http://twitter.com/JARL_ARESC)
 JA3RL (http://twitter.com/JA3RL_Hijyo)  (3/13更新)
posted by HJ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | EMG

2011年03月12日

東北地方太平洋沖地震

http://bwt.blog.so-net.ne.jp/2011-03-12-2
アマチュア無線家各位 [アマチュア無線]
日本は今非常事態です。
JCC/JCGサービスをはじめ、通常の移動運用や一般交信は控え、非常通信周波数のワッチをしましょう。
貴重な電力エネルギー、限りある電波資源です。

インフラが寸断された地域もあります。
アマチュア無線だけが連絡手段の場合もあります。
※私たちもクラブ員の無事をアマチュア無線で確認できました。

非常通信周波数一覧

3525KHz±5KHz (3520〜3530をクリーンに) 特に夕方以降
7030KHz±5KHz (7025〜7035をクリーンに) 特に日中
14.100MHz±10KHz (14.090〜14.110をクリーンに)
21.200MHz±10KHz (21.190〜21.210をクリーンに)
28.200MHz±10KHz (28.190〜28.210をクリーンに)
50.100MHz、51.000MHz、51.500MHz
144.100MHz、145.000MHz、145.500MHz
430.100MHz、433.000MHz、433.500MHz


http://jr0baq.wablog.com/1125.html
非常通信体制のお願い

下記連絡がありました。

> 現在、JA7RL/7局が宮城県庁(防災本部)において、7.030MHz SSB他で
> 非常通信のワッチを実施しています。
> JA1RL局およびJA3RL局においても、ワッチ実施中です。
> 出来る限り、RL局ほか各局においても、非常通信用周波数のワッチを
> お願いいたします。
> JARL Webに、その旨のPRを掲載するべく準備中です。

また、サブとして7.043MHz, 3.525MHzも使用されているようです。
posted by HJ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | EMG